白髪染め おすすめランキング

白髪染め おすすめランキング

白髪染めを行う際の注意点

白髪染めは正しい方法で行う必要があります。なぜならば、間違った方法で行うと、髪と頭皮にダメージを与えてしまうからです。

 

ダメージを与えないためにも、白髪染めは正しい方法で行う必要があります。

 

では、白髪染めhttp://hairhair.lolipop.jp/をする際の注意点についてまとめます。
まず、白髪染めの注意書きには良く目を通す必要があります。

 

使い方を間違ったり、白髪染めをしている時間が長すぎてしまうと、それだけで頭皮と髪にはダメージを与えてしまうことになります。一度与えてしまったダメージを戻すのは難しいです。

 

ですので、注意書きや説明については、きちんと目を通す必要があります。

 

そして、白髪染めを行った後はよく洗い流す必要があります。

 

白髪染めを髪に塗るときにも、頭皮にはなるべくつかないようにするほうがいいです。

 

洗い流すときには、白髪染めが頭に残らないようにしっかりと洗い流す必要があります。

 

そしてシャンプーを行った後には、髪をいたわってあげるようにしましょう。リンスやコンディショナーなどのケアも必要です。

 

そしてもう一つ、白髪染めを選ぶ際には出来るだけ頭皮に優しいものを選んだほうがいいです。

 

白髪染めにもいろいろな種類があるので、それらの特徴について理解した上で選ぶ必要があります。

白髪染めの種類

白髪染めというと一番に思いつくのは、1000円程度で購入を刷ることができるヘアカラータイプの白髪染めになるかと思います。

 

しかしこれ以外にも、他の白髪染めもあるのです。

 

 

 

・ヘアカラータイプの白髪染め

 

ヘアカラータイプの白髪染めは最も一般的な白髪染めになります。どこでも比較的購入ができ、色、商品ともに豊富なために、かなり使いやすいと言えるでしょう。

 

また、カラーもかなり長持ちするため、白髪の量や、髪の毛の長さにもよりますが、2ヶ月程度は白髪を気にしないで済むことがほとんどになります。

 

ですが、髪の毛が痛む、頭皮にダメージがある、人によっては湿疹かぶれ、アレルギーなどがでてしまうというデメリットもあわせもっています。

 

 

 

・トリートメントタイプの白髪染め

 

トリートメントタイプの白髪染めは、ここ数年でとても人気がでてきている白髪染めになります。

 

トリートメントタイプの白髪染めの傾向としては、髪の毛や、頭皮にやさしいというのが主な傾向になり、そのため、天然素材を使用して優しい仕上がりになります。

 

染め上がりも優しい感じになり、繰り返して使っていく事になりますが、髪の毛への負担はなく、逆に髪の毛に良い影響を与えるものがほとんどです。

 

 

 

・ヘナ

 

ヘナはシャンプーになりますが、トリートメントタイプと同様に植物であるヘナを中心として作られているものです。殆どの人がアレルギーなどを起こすことが無いのが特徴ですが、少ししかヘナをいれていないのに、ヘナシャンプーとうたい、その結果他の配合されている成分にかぶれたりすることもありますので、選ぶときの注意が必要となります。

白髪染めで明るい気分

30代半ばくらいから、生え際を中心に白髪がちらほら出始めました。

 

最初は数本で気にしていませんでした。それから前髪を手で持ち上げるとおばあさんのように真っ白になるようになったので、さすがに白髪染めをしようと思っていました。

 

私が白髪染めを躊躇していたのは、皮膚がどちらかというと弱かったからです。

 

カラーリングも肌が荒れるのが怖かったので20代の頃にもうやめていました。

 

けれども、白髪混じりの髪の毛でいるのも嫌だったので迷っていたところ、妹に

 

「それだったらハーブで染めたらどう?ヘナっていうのがあるのよ。

 

植物で染めるから安心だよ。自分でも購入して染めることができるし、今は美容院でも取り扱っているところが増えたはずよ。」

 

と言われました。

 

ハーブだったらきっと安心だろうと思い、かと言って、自分で染めるのもなんだか不安が残ったので、ヘナを取り扱っている美容院をネットで探すと近所にも結構あって、早速電話をかけて予約をしました。

 

美容院では

 

「ヘナで染めるとちょっと赤っぽい感じになりますが、いいですか?」

 

と言われましたが、髪の毛を保護する成分も入っている等の利点もたくさんあったので、他に選択肢がなかった私は快諾しました。結果、確かに赤みがかった色にはなりましたが、肌の色にもすごくあっていて何しろ地肌がぴりぴりした感じもなく経過も、結果もとても満足なできばえになりました。帰りに新しい服を買ってしまったくらいです。

 

これからも白髪染めと上手に付き合って楽しく生活していきたいと思います。

白髪染めを選ぶ祭のポイント

白髪染めを選ぶ際にはいろいろなポイントがあります。

 

 

 

・髪の毛のタイプで選ぶ

 

髪の毛のタイプで白髪染めを選ぶということも大事になります。

 

髪の毛の負担、頭皮の負担を考えると頻繁にヘアカラータイプを使うのは避けたいところです。ですが、比較的髪の毛が太く、量、白髪も多い場合、ヘアカラーを定期的に使い、全体的に染めておいたあとに、リタッチにトリートメントタイプを使用するという使い方も可能と言えるでしょう。

 

 

 

また、髪の毛が太い人の場合は染まりづらく、細い、柔らかいといった人は染まりやすいという傾向にあります。そのため、細めの人はそのまま希望の色を選び、太めの人は少し明るめ、はっきりとした色を選んでいくのが希望に近づけるための白髪染め選びのポイントとなります。

 

 

 

・肌質で選ぶ

 

白髪染めですので、普通にカラーなどの豊富さで選ぶのも良いと思いますが、頭皮に少し自信がないという人もいることでしょう。

 

刺激が強いものを使うとすぐにかぶれてしまう、逆に頭皮には自信があるという人もおられると思います。

 

頭皮に自信がない人は、トリートメントタイプの白髪染め、ヘナシャンプーなどを選んで、髪の毛はもちろん頭皮に負担がすくない、刺激が弱いタイプの白髪染めを選んでいくようにしていきましょう。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ